CTP絵本 英語教材 MUM'S ENGLISH 店番日記 - 2008/04

CTP絵本 Mum's Englishの最新情報です




[PR]



2008年04月05日(Sat)▲ページの先頭へ
英語での語りかけと日本語と英語の区別
英語子育てで良く頂くご質問があります。


Q1:英語の語りかけはしたほうがよいか?

Q2:英語の語りかけをして英語と日本語がゴチャゴチャにならないか?

この二つのご質問は、時々
そして定期的に、いただきます。

これが正しい!という事はないので
(この点はお母様方も言われるのですが)
私の意見を参考までにお伝えしています。

英語での語りかけは、
赤ちゃんの時から始めることになると思います。
その為、指示英語であることが殆どです。
それに対する、お子さんからの返事を期待しない
という事になります。

文字通り、語りかけになります。

使う英語の文、単語とも偏りがあり
豊富な語彙とか、表現という物は期待できません。
特に、英語の語りかけにこだわる必要はないと思っています。

二人目、三人目が生まれたらそれどころでない・・
場合もあります。
英語の語りかけをしていて、
バタバタしていると、気がつくと日本語になっています。
でも、その事で落ち込む必要は無いと思いますよ。

そして、語りかけを続け
CTP絵本の暗唱をして
少しずつ会話のやり取りが出来る頃
入園するわけです。

入園後は、白黒はっきり付けたい時期
「アンパンマン世代」がやってきます。
りんごはりんご、appleではない、という時期です。

これは、自分を確立するためには大切な作業だとのこと。

そして、日本語の能力がどんどん高まり
英語能力との差が大きくなるため
自分の気持ちを英語で表しきれなくなります。
その為、英語での会話はまどろっこしく
嫌がる傾向にあります。

この時期の英語教育を乗り切る方法は
お子さんの好きな分野やキャラクターなどの
英語教材、DVDなどをお奨めしています。

英語の語りかけは嫌がるけど
CTP絵本の聞き流しと暗唱は問題なく続けている、
というご家庭も多いです。

英語にとり組み始めた時期が早いほど
英語が日常にあることが普通のため
英語の語りかけを嫌がっても
英語自体を嫌いになることは少ないようです。

逆に、2才頃から急に英語を始めた方は
英語の語りかけが難しいでしょう。
何を言っているのか分からない・・と不安に感じることが多く
英語自体を嫌がる、とご相談を受けることをあります。

もちろん、これには個人差があります。
おしゃべりの好きなお子さんほど
難しいようです。

このようなアンパンマン世代と呼ばれる時代があるので
英語と日本語がゴチャゴチャになってしまうという
ご心配は、あまり現実的ではありません。

日本に住み、
日本人の両親が日本語で会話し
日本のテレビを見て
普通の園に通われる場合
英語と日本語がゴチャゴチャになる・・という
うれしい誤算は残念ながら
起こらない、と思います。

また、CTP絵本にとり組まれている方の中には、
ネイティブ並に!と力を入れていらっしゃる方もいらっしゃいます。

お話をお聞きしても
英語と日本語がゴチャゴチャで困っている、
ということはないです。
(3カ国語にとり組まれる方もいらっしゃいますね)

でも、ハワイご出身の有名な方のホームビデオで
お子さんが「More チャーハン,please.」と
お代わりをしていた様子を見ました。

一緒に出演していた方が
「チャーハンはチャーハンなのね。」と
指摘していました。

この程度のミックスは、よくありますが
問題ないと思っています。
(この程度はゴチャゴチャとは言わないと、思うわけです。)

語りかけをしていなくて
(お母様が英語が苦手だと言うご家庭に多いです。)
それでも、CTP絵本後
Phonics教材を学び
自読に進んでいますよ!と
そんなお話も聞いています。

将来的に必要なのは、会話ではなく
理解力と表現力だと思います。
そして、伝える内容です。

英語の語りかけが出来ない、とご心配になる必要はないですよ。



CTP絵本の詳しい内容や進め方はMUM'S ENGLISHのサイトで御覧頂けます。




2008年04月01日(Tue)▲ページの先頭へ
英語教室でのクラス合併について
4月になると
進学、進級などで
英語教室のクラスが合併することがあります。

新しい生徒さんのお母さんは
「ついていけるかしら」と心配され
進度が進まれている生徒さんのお母さんは
「レベルが下がってしまう」と
残念に思われることが多いのではと思います。

クラスの年齢や学年は
2学年まで、というところが多いです。

以前、生徒さんのお母さんが
「3学年になっても良いので、うちの子を上のクラスに入れて下さい」と
おっしゃったことがあります。
お子さんは年長でした。
1年生、2年生と一緒のクラスに入れて、とのお話です。

とても出来るお子さんだったし
努力家でもあったので
英語力的には問題がないと思います。
ただ、1年、2年経過したとき
3年生、4年生と一緒のクラスの2年生・・・・
難しいですね。
(教室のマニュアルにもよると思いますが)

私はこんなお話をしました。
「年長さんにとって
1時間イスに座っていることは苦痛だと思います。
そして、今まで学んだことは
新しい生徒さんが入ってもゼロになりません。

先生の英語でのお話を良く理解できるでしょうし
受け答えも初めて英語を学ぶ子達とは違います。
新しいお友達に手助けして、
自分は出来る、というプラスの効果も出ます。
マイナス面だけ生じるわけではないですよ。」
と。

実際にクラスの様子はどうかというと、
新しいお友達を手伝う様子もあり、
クラスの雰囲気はとても良くなります。

また、新しく入った生徒さん達は
以前から居た生徒さん達の受け答えに
(その英語が出来る様子に)
とても刺激を受けるようです。


例えば、
What color do you like?
Pink.
の質問と答えにも
I like blue.と答える様子を見て
早速、真似る子もいます。

逆にちょっと英語が苦手に感じていた生徒さんも
新しく入会した子供達
(同じ園のお友達だったりしますから)に
負けないぞ!とがんばり始めたり
クラス全体で活気が出てきます。

特に、
先生は良いけど、クラス合併で
レベルが下がるのが心配という方は
レベルではなく先生を選びましょう。
出来る先生は、生徒さんによって対応を変えます。
生徒さん合わせてタスクを変えたり
初めての生徒さんには上手にヒントを与えます。

同じ事を教えてもレベルを変えることは出来ます。

英語が楽しい!
と感じるのは、クラスの充実度によると
そんな風に感じました。

ちなみに、たとえ低年齢のクラスでも
毎回ゲームばかりでは、お子さん達もがっかりです。
小さいお子さま達にも
達成感と充実感はとても大切です。

(以前の教室では定期的に外国人講師の巡回がありました。
講師から、進度などをあらかじめ説明を受けていて
レッスン内容のリクエストもします。
それでも、残念ながら毎回似たり寄ったりの
ゲーム主体の内容だと、子供達も飽きてしまいます。
担当講師からは、「子供達も飽きてしまってね」と、困り顔でした。)



CTP絵本の詳しい内容や進め方はMUM'S ENGLISHのサイトで御覧頂けます。



   


CTP絵本 英語教材 Mum's Englishは、英語教育を身近にと願って設立されました。

CTP絵本 英語教材の詳しいご案内はMUM'S ENGLISHのサイトでご覧頂けます。

CTP絵本 英語教材の販売はMUM'S BOOKSTOREになります。


Mum's Englishの最新情報をお知らせしています

カレンダ
2008年4月
   
     

アーカイブ
2005年 (12)
11月 (9)
12月 (3)
2006年 (5)
4月 (1)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2007年 (1)
12月 (1)
2008年 (21)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (2)
2009年 (10)
1月 (1)
4月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2010年 (29)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (6)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (1)
2011年 (31)
1月 (2)
2月 (7)
3月 (4)
5月 (2)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (3)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
2013年 (8)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:7
昨日:52
累計:413,302