CTP絵本 英語教材 MUM'S ENGLISH 店番日記 - 2008/03

CTP絵本 Mum's Englishの最新情報です




[PR]



2008年03月26日(Wed)▲ページの先頭へ
暗唱する目的は何ですか?
先日、とてもストレートは質問が来ました。

「そもそも、暗唱する目的は何なのですか?」
というものでした。

パソコンにソフトが入っていないのに
作業をする事は出来ません。

CTP絵本を暗唱する、ということは
英語の文、単語を丸覚えするということです。

英語を聞いて
英語を理解して
英語を話して
英語を読んで
英語を書く
これらの作業をするためには、
頭のなかに英語の単語、文、文のルールなど
色々な要素がインプットされている必要があります。

その下地作りが、CTP絵本の暗唱です。


暗唱の度合いは、年齢のよっても違ってきます。
大きいお子さんは、何も見ないで
文字通り、「暗唱」するでしょう。

絵本を見ながら「暗唱」する子も居ます。
(文字を読むのでは無く、文字と絵をヒントに暗唱している感じです。)

絵を見て、CDを聞いて
一緒に「暗唱」するお子さんもいるでしょう。

暗唱も大切ですが
暗唱の目的は、単語、文、ルールを丸ごと覚えること
それを心の片隅に置いて
暗唱を進めて下さい。

どうしても、この本が覚えられないから
先には進めない!という
悩みをお聞きすることもあります。

が、目的を今一度確認してみましょう。

ということで
英語が苦手なお母様方も
一緒にとり組んでいるCTP絵本です。

一緒にやるからこそ、楽しいですよ。



CTP絵本の詳しい内容や進め方はMUM'S ENGLISHのサイトで御覧頂けます。




2008年03月25日(Tue)▲ページの先頭へ
FUN&FANTASY1Aは全ての方におすすめ?
CTP絵本をとりあえず購入する際に
FUN&FANTASY1Aをお奨めしていましたが

変更します。

聞き教材としては、FUN&FANTASY1Aをお奨めしますが
暗唱用教材としては、SCIENCE1Aをお奨めします。

先日、
「お友達に勧められてFUN&FANTASY1Aを買ったんですけど
子供が暗唱できなかった・・」と。
いきなり始めてで、FUN&FANTASYはちょっと難しいですよね。

お子さまの年齢や
今までの英語歴でお使い方や
お奨めの教材が違うので
宜しければご購入前でもご相談下さい。

FUN&FANTASY1Aは、
確かに聞き教材として
歌も多く、お奨めです。

が、すでに言葉も言えるようになり
暗唱を目的とされる場合は
SCIENCE1Aが文章も短く良いと思います。
英語が始めての場合は特に、SCIENCE1Aが良いです。

CTP絵本は、暗唱用という認識が強いようですが
聞き教材、
暗唱用教材
書き教材のお手本・・
と、色々なお使い方があります。

本当は、自読用教材なのはご存じですか?
「CTP絵本」日本での呼び名です。
本当は、「Learn To Read Series」です。
読めるようになるための教材です。

CTP絵本は色々な使い方が出来るので
年齢の離れたご兄弟で
下のお子さんには、聞き教材として
上のお子さんには、暗唱もしくは書き教材として
一緒に使うことが出来ます。

許容範囲の広い教材です。

尊敬する講師の方からは
「一粒で3度美味しい教材だと思う」と
ご意見をお聞きしています。
兄妹入会にも柔軟に対応できる、とのお話でした。

色々な使い方が出来る
CTP絵本(Learn to Read Series)です。



CTP絵本の詳しい内容や進め方はMUM'S ENGLISHのサイトで御覧頂けます。




2008年03月22日(Sat)▲ページの先頭へ
教材はどれがお奨めなの!?というお問い合せに
MUM'S ENGLISHは
CTP絵本ディーラーですが
SCHOLASTIC社のディストリビューターでもあります。

会社によって、ディーラーと呼ぶところと
ディストリビューターと呼ぶところがあります。

今後も、多くの教材をお取扱いしますが
そこで、お客様から早速
多くお問い合せが頂くのです。

「で、どっちが良いの?」です。

例えば、Sight Word Readersです。

SCHOLASTIC社のSight Word Readersは有名です。
アマゾンでも本を安く、お手軽に購入できます。

でも、CDは意外に高く
送料を払ってCDだけ別の会社から購入するか
いっそのこと、本も割高の会社から購入し
送料無料にするか・・・悩むわけです。

ということで、販売を開始しました。

CTP社の教材はそのCDの良さにあります。

SCHOLASTIC社のCDは、
Sight Word Readersを始め
その他の教材も基本的に朗読です。
(朗読が上手なんですけどね)

その淡々とした朗読は、
私は小さいお子さんには不向きだと思います。
(特に、聞き教材として何度も聞かせたい場合は特に、向きません。)

でも、昨日私が尊敬する講師の方から
自分で読めるようになってきた生徒使うのに
良いのではないかと、そう考えているとお聞きしました。

なるほど、それはお奨めです。
ワークブックも付いているし。

CTP社のSight Word Readersは、
絵本もきれいですし、CDも楽しいので
小さいお子さんにもお勧めです。
(聞き教材として使うなら、どなたにも向きますね。)

そして、フォニックス教材です。

SCHOLASTIC社のクリフォードシリーズで
12冊入りがSet6まであります。

CTP社とどっちが良いの!とお問い合せも頂きました。

ある程度しっかりと英語をインプットしたお子さんは
フォニックスのルールに有る程度気づいています。
フォニックスの学習は確認作業になります。
その場合は、難易度が上がっていく
Dr.Maggie's Phonics Redersが良いと思います。
英語インプットは十分だけど年齢が低い場合は
Itty Bittyが良いと思います。
ルールが分かりやすいからです。

一方、年齢が低い場合や
英語のインプットが十分でなく、
でもフォニックスをする場合は
多くのフォニックス絵本を読まれた方が良いと思います。
なので、この場合はSCHOLASTIC社のClifford Phonicsをお奨めします。

次回は、CDも入荷しますので
一緒に販売を予定しています。

皆さんからよく頂くご質問をアップできたらと思っています。


CTP絵本の詳しい内容や進め方はMUM'S ENGLISHのサイトで御覧頂けます。







教材のお話と英語教育のトレンドについて
春になりました。
何か始めたい季節ですね。

英語教材の内容に関するお問い合せもとても多いです。

たくさんの英語教材から
英語子育て用の教材をどうやって選べばよいか
今日はそこを中心に、
脱線しながらお伝えしたいです。

長いです。

MUM'S ENGLISHでは、なぜCTP絵本なのか
ですが、
MUM'S ENGLISHは、
多くの方に英語教室を開いてもらうために作った会社です。

「英語教室も有るのですか?」と
お問い合せを頂くこともありますが
ちがうのです。

お家で英語教室を開いてもらい
リーズナブルな教室が多くなることで
英語教育が身近な物となる、とそう考えました。

3年前、自分の子供の英語教育を考えたときに
大きな2つの英語教育の流れがとても心配でした。

1つは、高価な英語教育
ネイティブのレッスンを週に何回も
もしくは、プレスクールなど、
どちらも当時、専業主婦の私にはビックリする金額でした。
また、地方では全然無いことも多く
金額の他、環境にも左右されます。

もう一つの流れは
英語子育てサークルでした。
料金は無料か低額ですが、テキストはなく
内容的には、英語に親しむという感じでした。
カリキュラムなどもなく
地図のない旅のように不安を感じました。

このままだと、
効果的な英語教育が、余裕のある人達だけの物になる
そんな、焦りを感じました。

リーズナブルで、でも効果的な英語教育にするためには
どんなテキストが必要だろうか、悩みました。

日本にも良い英語教材が有るでしょう。
でも、日本では英語教材というだけで
内容が伴わない教材でも
高価なことがあると感じていました。

小学校以上なら、学習用教材
(コースになっているタイプの物など)も使えますが
小さい子供には難しいです。

そして、実際に、自分の子供に英語を教えたとき
自分が講師だったときと、ニーズが違ったのです。

私は、単語や文法、アルファベットなど
小学校高学年になったときに
一回教えたら覚える内容を
自分の3才と0才の子供に教えたくありませんでした。
私の求めていたのは、
英語のリズム、感覚を身につけることでした。
歌を歌うように丸ごと英語を覚えること
それを望みました。

会話も重要視していませんでした。

英語で話すことよりも
英語で話す内容が大切です。
どんなにたどたどしい英語でも
内容が有れば、みんな耳を傾けます。
そして、尊敬してくれます。
オタクがアメリカで尊敬の対象なのは
専門知識を持っている、という観点からでしょう。

今は、インターネットで世界がつながっていると
とても実感します。
動画で遠い世界の事を見ることも出来ます。
でも、英語なんです。
会話より、理解できること
それを第一に考えています。

英語学習にもトレンドがあります。

古い時代は、英語から情報を得ました。

世界が小さくなり、
人の行き来が頻繁になると
会話も重要視され、
英語=会話の時代が長かったです。

そしてまた、英語から情報を得る事が大切になった時代が来ています。

英語を学び、自読出来る
ということを目標にしている方が増えました。

では、会話は出来ないと思いますか?

会話は、自分で作った英文を
口で言うか、言わないか
それだけの違いです。
本を読んで、意味が分かれば会話もできると思います。

英作文の授業は、英会話そのものだと
そんな風に感じたことがあります。

長くなっちゃいましたね。
すいません。

そんな理由から
教室用教材を選ぶ時は、安くて良い教材を探しました。

その為、他の英語子育て用教材を知らないことがあります。
教室用教材として使える教材でなければ
MUM'Sでは、リサーチしないからです。

英語子育て用にどんな教材がよいかですが
教室で教えていたときも感じていたことがあります。

DVDなどの映像教材は、導入にだけ使うべきだと思います。
教室用教材でDVDなどの教材を使うと
実に分かりやすいです。
今日のターゲットはこれ!と子供達にすぐ分かってもらえます。
でも、反面逆効果になる点があります。

それは、傍観してしまうということです。
自分のこととして感じられない、
参加を促す事難しくなることもあります。

自分が参加する、ためには
自分が身体を動かすことが効果的です。

絵本のページをめくる、
CDを聞きながら、その絵本をめくる
お母さんと一緒に読む
暗唱する、みんなで歌う
この、どれもが参加型です。

親の立場としては、DVDは手軽です。
でも、じっとして見てくれるのは最初の数回です。
いずれ飽きて、見ていたと思ったら居なかった・・・
ということになると思います。

もし、逆に
「うちの子は何回見ても飽きないです。」という場合は
心配です。
傍観することが好きだということかもしれません。
もっと一緒に参加する方法に、徐々に変えていただきたいと思います。

絵本の読み聞かせが良いのは
CDをいつもかけっぱなしにしても
絵本を読み聞かせることで、
聞いている英語の意味が分かることと
いつも画像を見っぱなしにならないところです。

絵本には、お母さんがお話を広げる余地も
お子さんが、物語以外に気づく
余地が有ります。

英語子育てには、メインの教材が有ると良いと思います。
その教材は、レベルアップしていて、揃っていること
英語子育てにはある程度の量が必要ですが
それも揃っていること
以上のたった2つの条件もなかなか揃わないことが有ります。

最初にたくさんのセットを購入しなければならない教材は
負担が大きいです。
使ってみて、気に入ったら少しずつ買い足す事が出来るかどうかは
良心的かどうかの現れだとも思います。

英語の道は一本道ではありません。
脇道にそれることも有ると思います。
(メインの教材以外に、子供さんの好きなキャラクターのDVDにはまるとか・・・)

王道はないです。
だからこそ英語教材に悩みますが
途中で投げ出さず、少しずつでも進めば
そこには違う景色が待っていると思います。

あんなにも覚えられなかった文章が
後から振り返ると
簡単だなぁと思ったことが有るのでは?

継続は力なり、
英語教育はこの言葉と切っても切れない仲ですね。

今日は長い文章を読んで下さってありがとうございます。
いっぱい脱線してすいませんでした。



   


CTP絵本 英語教材 Mum's Englishは、英語教育を身近にと願って設立されました。

CTP絵本 英語教材の詳しいご案内はMUM'S ENGLISHのサイトでご覧頂けます。

CTP絵本 英語教材の販売はMUM'S BOOKSTOREになります。


Mum's Englishの最新情報をお知らせしています

カレンダ
2008年3月
           
         

アーカイブ
2005年 (12)
11月 (9)
12月 (3)
2006年 (5)
4月 (1)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2007年 (1)
12月 (1)
2008年 (21)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (2)
2009年 (10)
1月 (1)
4月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2010年 (29)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (6)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (1)
2011年 (31)
1月 (2)
2月 (7)
3月 (4)
5月 (2)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (3)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
2013年 (8)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:5
昨日:52
累計:413,300